2011年08月14日

田中将大

3か月で15キロも投球スピードが上がった特別な練習法はこちらぴかぴか(新しい)

今回は楽天ゴールデンイーグルスの背番号18、”マー君”こと田中将大投手について。

北海道の駒大苫小牧高校時代から、全国に名を轟かせ、特に日本ハムファイターズに入団した斎藤佑樹投手との投げ合いは語り草になっています。

188cmのガッチリとした体格と力感溢れるピッチングフォームから放たれる140km台後半のストレートに、高速スライダー・高速フォークを織り交ぜバッター(打者)を抑えていくのが彼のピッチングスタイル野球ダッシュ(走り出すさま)

特に、縦に変化する高速スライダーは特筆すべきボールで、このボールは三振を奪うボールですね。

近年は、やや変化の少ない横スライダーやツーシームなども持ち球にして、投球術の幅が非常に広がってきたように思えます。

筆者が、田中投手を見て思うことは、非常に”アツい”4ピッチャーだということ。

まだ幼さの抜けない顔立ち(失礼かもしれませんが…あせあせ(飛び散る汗))ながら、勝負所でバッターを抑えたシーンなどで見せる雄叫びは、物凄く迫力がありますし、こっちもガッツポーズしたくなる感じです。

その”アツさ”に自然にひきこまれる感じがします。

チーム自体のファンではなくても、なんか応援したくなる投手で、不思議な魅力を感じます。

もちろんその魅力の根底には、類稀なる才能があるわけですが…目

楽天入団時の監督である野村克也氏の「マー君、神の子、不思議な子」という名言を生んだことや、楽天の攻撃陣に「マー君が投げる試合では打線が何とかしようという雰囲気になる」と話している選手もいることは、私が思う「なんか応援したくなる」という面の証明のように思えてなりませんわーい(嬉しい顔)

怪我さえなければ、これからさらに成長していくピッチャーだと思いますし、その証拠に、この記事を書いている時点では2011年シーズンの防御率トップに君臨しています。

末永く応援し続けたいものでするんるん

3か月で15キロも投球スピードが上がった特別な練習法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 03:31| Comment(0) | ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

右投げ左打ち 左投げ右打ち

3か月で15キロも投球スピードが上がった特別な練習法はこちらぴかぴか(新しい)

野球における「ピッチャー(投手)対バッター(打者)」の勝負において、右投げのピッチャーには左バッターが、左投げのピッチャーには右バッターが”相性が良い”というのがセオリーです眼鏡

プロ野球においても時々、右ピッチャーに対して左バッターをずらりと並べる(逆に、左ピッチャーに対して右バッターを並べる)オーダーを組んだりすることがありますね。

その根拠は、バッターから見て腕・ボールの出所・球筋が見易いか見辛いかということに基づきます。

右ピッチャーに対峙する右バッターは、背中側からボールがくるようなかたちになり、ピッチャーの腕・ボールの出所・球筋を視認するにも、しっかりと首をまわしておかなくてはなりません。

再びプロ野球の話になりますが、このセオリーに基づいて、左の強打者に対して左ピッチャーをワンポイント(そのバッターだけ対決させる)で登板させることもあるくらいです。

かなりバッター視点で書いてきましたが、逆に言うとピッチャーは、このセオリーを活かすことが重要になりますし、キャッチャーとのありきですが、このセオリーを考慮して配球を練っていくことも
必要でしょう手(チョキ)

こういった固定的な相性のほかにも、時々あるのが、「このバッターにはよく打たれる」ということ。

右対左・左対右ということを別として、一打者に対して「よく打たれる=相性が悪い」ことは往々にしてよくある。

それは、「毎試合」のこともありますし、「この試合に限って」ということもあります。

プロ野球以外の野球では、何度も何度も同じバッターと対戦することは少ないかもしれませんが、勝負所では相性がものをいう時もあるexclamation

場合によっては、チームの勝利のために敬遠などの選択も必要でしょうし、それを考慮したとしても勝負しなくてはならないシーンも出てくる。

決して、相性主義になることはありませんが、こういうことを考えることも投球術の1つと言えるでしょうるんるん

3か月で15キロも投球スピードが上がった特別な練習法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:47| Comment(0) | ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

ピッチングの間隔

3か月で15キロも投球スピードが上がった特別な練習法はこちらぴかぴか(新しい)

ピッチャーがバッターに対して投じるボールとボールの時間的間隔は、ピッチャーが作り上げる”間合い”です。

その間隔の長短は、そのピッチャーの1つの特徴わーい(嬉しい顔)

テレビの野球中継を観ていると、時々、極端に投球の間隔が短いピッチャーがいることがありますTV

キャッチャーからの返球を受けると、ほぼ同時にピッチャーズプレートを踏み、キャッチャーが出すサインを確認し、すぐに投球動作に入る。

「そこまで急いでどうするの?」と思わず声が出てしまうくらいの時があります。

この投球の間隔の短さのメリットは、次のようなことですね。

 ★自分自身のリズムにバッターを引きずりこむ

 ★バッターに次の投球のコース・球種を考える暇を与えない

メリットだけなら、誰でもやりますね…。

デメリットはというと、次のようなことが想定されるひらめき

 ▼ランナー(走者)が出ると、リズムを変化させざるを得ない

 ▼投げ急ぐあまり力強いボールがいかない時が出てくる(のでは?)

冒頭で書いた通り、その”間合い”は、ピッチャーの特徴exclamation

決して意識しすぎることはありませんが、”間合い”を操作することも、相手バッターを打ち取ることに効果を発揮する場合もあります。

”間合い”を長くとって、相手バッターを焦らす。

”間合い”を短くして、バッターのもつ”間合い”を崩す。

あくまでも、これに集中することはありませんが、窮地などでは案外使える方法かもしれませんよ〜るんるん

3か月で15キロも投球スピードが上がった特別な練習法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:07| Comment(0) | ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。