落合博満

2011年11月30日

落合博満

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

2004年から2011年まで中日ドラゴンズの監督を務め、その8年間で4度のリーグ制覇を成し遂げ、一度もBクラスになることがなかった落合博満氏。

監督としての能力も物凄いものがあり、”オレ竜”と称されていましたが、選手時代も物凄い。

数多くのタイトルを奪取してますが、燦々と輝くのは史上最多3度の三冠王exclamation

現役時代に培った、努力と研究、そして生まれた哲学が監督としての手腕にも活きたのだと思います。

さて、落合氏のバッティングですが、その打法は代名詞ともいえる神主打法

バットをほぼ体の正面に、45度くらいにバットを掲げるその構えは、筆者も少年時代に真似したものでした。

ただ、この神主打法は、上級者向け。

落合氏も少年野球教室などでは『絶対に真似しないように!』とつたえているとのこと。

その神主打法から生まれたホームランは510本で、特筆すべきはその176本(34.5%)がライト方向へのものであるということexclamation×2

つまり、逆方向へ大きい打球を打てるということです。

そのことから、相手ピッチャーは勝負する際はインコースを攻めてきたらしいのですが、実際に落合氏が得意としているのはインコースで、ほくそ笑んでいたとの話もあります。

インコースを頻繁に攻められながらも、ライト方向へのホームランが30%を越えるということで見えてくるのは、インコースを右方向へ打つ技術の高さexclamation×2

インコース打ちは芸術的とも言われています。

落合氏で思い出すのは、現在はアメリカメジャーリーグに活躍の場を移している松井秀喜選手の話。

2人は、読売ジャイアンツ時代に数年一緒にプレーしているのですが、松井選手によると「風呂場で落合氏のバッティング理論を聞かされたが、当時は理解できない部分もあったし、落合氏自身も『そのうちわかるよ』といっていたのが、最近になって理解できるようになった」とコメント(一言一句同じではありませんが)していたこと。

このことはプロ選手でも、すぐには理解ができないところまで理論を突き詰めていっているという裏付けではないでしょうか。

考え方が変われば、行動が変わり、行動が変われば、結果が変わるということですねるんるん

その他にも、落合氏にまつわる逸話はたくさんありますし、そのすべてに含蓄があります。

落合氏のバッティングは到底真似できませんが、その生き方を少しくらいは真似してみたいなとも思います。

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 野球王まこと at 05:55| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。