一本足打法

2011年11月23日

一本足打法

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

一本足打法といえば、現福岡ソフトバンクホークスの会長を務められている王貞治氏足

その他にも、田淵幸一氏や池山隆寛氏などの引退された選手や、現役選手でも読売ジャイアンツの高橋由伸選手・小久保裕紀選手など複数の選手が採用しているとされます。

その特徴は、何といってもピッチャー寄りの足を高々と上げることexclamation

一般的に、キャッチャー寄りの足は上げますが、この一本足打法の足の上げ方が一般的な足の上げ方と違うのは次のポイント↓

 【軸足だけで立つ瞬間がある】

軸足に体重を乗せるためにキャッチャー寄りの足を上げるのですが、通常は『グッ⇒バーン』という感じで軸足の乗せた体重を移動していくのですが、一本足打法の場合は『グッ⇒ピタッ⇒グゥワーン』という感じです。

そして、そのメリットは、体重移動によるパワーがアップすることによりボールに伝えるパワーが増すこと

メリットだけであれば、野球選手全員が採用しますが、そうはいきません…ふらふら

デメリット…というか、難しさがあります。

それは、タイミングexclamation

軸足に体重を乗せきってしまうため、ピンポイントで振りだしていかなくてはなりませんし、相手ピッチャーの緩急に合わせていくことも難しさが伴います。

しかし、その合わせをマスターすれば効果絶大exclamation×2

王貞治氏は、いわずとしれたホームランの世界記録保持者ですねわーい(嬉しい顔)

王さんのホームラン量産には、単純なパワーだけではなく、ダウンスイングによって打球に生まれるバックスピンがミソともいわれています。

両刃の剣とも言える一本足打法…おススメは…どうかな。

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 野球王まこと at 03:54| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。