シンクロ打法

2011年11月18日

シンクロ打法

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

シンクロは、英語で”synchro”と綴り、その意味は「同期」です。

つまり、この記事の題名にある『シンクロ打法』とは、『同期打法』と言い換えることができる。

では、バッター(打者)が、何と同期をとるのでしょうか?

ピッチャーの投球フォームと同期をとりますexclamation

より具体的に言うと、ピッチャーの重心の上下動に同期をとるということ。

この打法理論は、現在東北楽天ゴールデンイーグルスで史上初のパフォーマンス・コーディネーターを務めている手塚一志氏が述べたものです。

実は、以前書いた”うねり打法”も手塚氏によるもの。

手塚氏は、今はパフォーマンス・コーディネーターをなさってますが、スポーツ科学者がメインで、プロ野球のコンディショニングコーチなどを歴任されてもいます。

さて、本題の『シンクロ打法』ですが、ピッチャーの重心の上下動と同期をとると言いました。

ここからは、どうやって同期をとるのかです。

そのきっかけは、ピッチャー寄りの足を”踏む”こと

そして、そのタイミングは3通りあると言われています。

 A.ピッチャーが軸足と反対の足を上げる際、その足が最高点に達する瞬間

 B.ピッチャーが振り上げた足が下がり始める瞬間

 C.ピッチャーの体が前方に傾く瞬間

上記3通りですが、実際の時間にすると0コンマ数秒の世界時計

この3通りのタイミングで、ピッチャー寄りの足を”踏む”ことでピッチングフォームとバッティングフォームとを同期させることで、タイミングを合わせる。

そして、タイミングを合わせることで、自らのバッティングフォームを崩されにくくなり、すなわち常に自分のスイングをすることができるというのが、『シンクロ打法』のメリットです。

もちろん、自分自身のバッティングに合う合わないはあると思いますが、実際に採用しているプロ野球選手も多数います。

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 野球王まこと at 09:08| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。