バットコントロール

2011年11月17日

バットコントロール

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

バットコントロール”という言葉がありますが、この言葉について皆さんはどのようなことを指し示していると思いますか?

 ●ヒットゾーンにボールを飛ばす能力

 ●バットにボールを当てる能力

 ●左右広角に打球を飛ばす能力

このような感じではないでしょうか…わーい(嬉しい顔)

直訳すると、「バットを操作する」と言うことになりますが、バッター(打者)を評価する上では、この”バットコントロール”が、「ある」「ない」「上手」「下手」などで表現されると思います。

では、ここで筆者なりの定義をさせていただきますと、”バットコントロール”とは↓

 【バットの芯でボールを捉える能力】

このようになりますexclamation

この能力が高い結果、ヒットは増えますし、三振も少なくなる。

どんなコースにボールが来ても、芯で捉えることができるから、必然的に広角に打てるということです。

しかし、イチロー選手や内川選手など、”バットコントロール”が良いと言われる打率の高い選手が放つヒットが、必ず芯で捉えているわけではありませんよね…たらーっ(汗)

彼らのヒットでは詰まった当たりで、野手の間にポトリと落としたり、ボテボテの内野ゴロで内野安打にしたり、内野手の間をしぶとく抜けたりという打球も多いものー(長音記号2)野球

これこそが、”バットコントロール”の良い選手の真髄になると思います。

根本的に、バットの芯でボールを捉える能力が高いからこそ、あえて詰まらせて狙った所へ打球を飛ばすことができるのだと思います。

では、”バットコントロール”をよくするにはどうすればよいのか?

やはり素振りとトスバッティングになるのではないでしょうか。

ただ素振りをするのではなく、しっかりとコースおよびそのコースの応じたミートポイントを意識した素振り。

あらゆるコースをセンター方向に弾き返す(実際は投げ役に打ち返す)トスバッティング。

これらを入念に行うことで、”バットコントロール”は向上するでしょうグッド(上向き矢印)

ただ、”バットコントロール”を意識するあまり、当てにいってスイングする力が弱まってはいけませんよ〜るんるん

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 野球王まこと at 08:08| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。