ケースバッティング 走者1塁

2011年11月04日

ケースバッティング 走者1塁

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

ランナーがいるシチュエーションでのバッティングを考えます。

第一弾は、走者1塁でのケースバッティング目

アウトカウント別に想定いきましょう。

【無死・一死】

 @バント

 Aエンドラン

 B進塁打

 C単独スチール(盗塁)

【二死】

 @単独スチール

 Aフリー

このような感じです。

まず、【無死・一死】で走者が1塁にいる場合に考えることは、”得点圏に走者を進める”ということですよね。

それを実行するにはどうするのかを考えると、上の@~Cになるということです。

打席にいるバッター(打者)の打撃力や器用さによって戦略は変化するでしょうが、目的はあくまでも”得点圏に走者を進めるexclamation

Cに単独スチールと書いてありますが、盗塁もランナーだけの問題ではなく、バッターは空振り・バントの構えでボールを見づらくするなどキャッチャーが送球しにくくなるような行動が求められるので記述していますわーい(嬉しい顔)

これが【二死】になると、基本的にはフリー手(チョキ)

単独スチールした場合も、結果としてランエンドヒットということになったりします。

自分の打順が回ってきたときに、まず求められることが何なのかを考えること。

いろんな想定をしなくてはなりませんexclamation

走者1塁のシチュエーション、これにて終了でするんるん

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 05:01| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。