ティーバッティング 練習

2011年10月31日

ティーバッティング 練習

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

ティーバッティングについて、基本的なことについては以前記述しましたが、ここではティーバッティングではあるものの、一般的なやり方とは異なる2つのティーバッティングの方法についてです野球

その名称は、筆者が勝手につけたネーミングですので悪しからず。

@バウンドボールティーバッティング

 <やり方>

 トス役がトスするボールをワンバウンド(上から投げても構いません)させ、それを打つ

 <目的>

 近年増えてきている小さく変化するボールをも的確にミートできるようになる

Aウォーキングティーバッティング

 <やり方>

 バッターは打つたびに一歩前に進みながら打つ

 <目的>

 軸足に体重を乗せる感覚を身に付ける

@のほうは、通常のティーバッティングと同様なスペースしか必要としませんが、Aはバッター・トス役ともに動く必要があるため、ある程度のスペース(および打球を受け止めるネット)が必要となりますあせあせ(飛び散る汗)

やり方をちょっとだけ変えるだけで、目的も変わってきますし、想像しただけでも結構効果的な感じはしませんか?

通常のティーバッティングでは、あらかた来るボールのコースは決まってくるのに対し、ワンバウンドしたボールは動きが違いますし、的確に捉えるためにはバッターは集中力を高めなくてはなりませんわーい(嬉しい顔)

よりボールをよく見てスイングするという基本に立ち返ることにもなるでしょう目

また、前に一歩一歩進みながらスイングすると、必然的に前のめりに…つまりは泳いだ状態でのスイングになりがちですが、そこで確りと軸足に体重を乗せることで、軸足に体重が乗る感覚を養うことができます。 

反復練習も重要ですが、目的を明確にした上で、ちょっとやり方を変えてみると、新しい発見や、自分自身の課題を的確にクリアすることに繋がったりすることがあるかもしれませんるんるん

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 03:42| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。