コマ打法

2011年10月29日

コマ打法

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

コマ打法』って耳にしたことはありますか耳

インターネットで『コマ打法』を調べてみると、ヤクルトスワローズの青木宣親選手や阪神タイガースの城島健司選手の名前が挙がってきます目

バッティングにおいて、体を回転させるうえでの感覚を軸をぶらさずに回転するコマに例えたものですが、その『コマ打法』のポイントは…↓

 【体に近いところでボールを捉える】

青木選手・城島選手の2選手が共通して目的にしているのは、より遠くにボールを飛ばすことexclamation

長きにわたってそれを追求していった結果が、『コマ打法』なのですが、先程ポイントとして挙げた【体に近いところでボールを捉える】理由は、次のこと。

 【体に近いところで捉えることで肘は曲げた状態でボールを打つことになり、この状態が最も力が入る状態であるから】

言葉でいうと、こういうことですが…いかがでしょうか?

当然体重移動もその中で行っているのですが、言葉でいうなら瞬間的な体の回転でボールを捉えにいくという感じで、ボールを遠くに飛ばすことを目的としていながらも非常にコンパクトな打法といえますねるんるん

ボールを出来るだけ呼び込んで打つということですから、ボールを見る時間は長くなるとともに、ボールになる変化球へ勢い余って手が出てしまうことも減ってきそうです。

しかしながら、体重移動というよりも回転力によるところが基軸となりますから、球威に負けないために下半身の力とパワーは間違いなく求められます

自分自身のバッティングに取り入れてもよいですし、バッティングを研究するにあたって、1つの考え方として頭の中に持っておいてもよいのではないでしょうか決定

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:06| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。