グリップを残す

2011年10月27日

グリップを残す

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

「グリップを残す」ということは、トップの位置からスイングに入るのを出来るだけ遅くするということで、これは「体の開きを遅くする」ということと一致します。

体が開きが早いということは、早い段階でバッター(打者)自身の胸板がピッチャー方向を向いてしまうということ。

早い段階でピッチャー側に胸板が向いていくということは必然的に手(腕)が出てしまっているわけで、つまりは泳いでいるということですexclamation

泳いでしまうと、ボールの変化への対応が難しくなりますし、ボールを捉えたとしても力強い打球を飛ばすことはできない…もうやだ〜(悲しい顔)

結果として、ヒットを打つということが物凄く難しくなってしまうバッド(下向き矢印)

「グリップを残す」ことによって、ボールをより長く見ることができますし、ボールの変化に対しても対応できる可能性が広がります

この可能性の広がりが、ヒットを打つ確率の高まりに繋がるのでするんるん

「グリップを残す」ことを強調してきましたが、実際のバッティングフォームにおいては、0コンマ数秒の世界ではあります。

この0コンマ数秒がなぜ待てないのかというと、やはりバッターは打ち気にはやるものだからです。

そしてこの打ち気が、スイング始動の速さに繋がり、結果として泳いでしまうことになりがち。

それを避けるべく、この「グリップを残す」という意識を明確に保ち、ヒットを打つ確率をグゥーンと上げましょうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:53| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。