右手で押し込む

2011年10月25日

右手で押し込む

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

「右手は添えるだけ」…右打ちの筆者は少年野球をやっていたころ、そういう風に教わりました。

バットは、「左手(グリップエンド側の手)でリードして、右手(バットの芯側の手)は添えるだけで力を抜くこと」と教わっていました。

この考え方は、決して間違いではないと思います。

右打者が右手に力が入ると、必然的にヘッドが先に回ろうとしてしまいますので、遠心力を活かすことができず力のないスイングになってしまうとともに、打球も弱くなってしまいます。

しかし、プロ野球中継などで会心のホームランを打った打者の談話を聞いていると、よく耳にするフレーズが、「右手で押し込むことができた!」というフレーズ。

つまり、バットの芯側の手を使っているということexclamation

筆者自身は、軟式野球しかしたことがありませんので、これはもしかしたら硬式野球のおいてのみ有効な理論なのかもしれません。

確かに、片手で打つより両手で打った方が生み出されるパワーは大きい。

しかしながら、前に書いた通りバットの芯側の手に力が入り過ぎるのはよくありませんあせあせ(飛び散る汗)

そうなると、バットの芯側の手を活かす(使う)のは、インパクトの瞬間だけといえるのではないでしょうか。

これは、とある雑誌でパ・リーグにおいて三冠王に輝いたこともある福岡ソフトバンクホークスに所属する松中信彦選手が語ったの言葉です↓

 【10cmくらいの距離、バットとボールをひっつかせておく】

その結果、飛距離が出るということexclamation×2

これを実践する上で必要なことは↓

 ●球威に負けないスイング

 ●ボールのど真ん中というよりもちょっと下目を潰すように叩く

もしかすると、『バットにボールを乗せる』という表現の方がピンときたり、耳覚えがある方もいらっしゃるかも知れません。

いっていることとしては、同じような内容です。

実際は、0コンマ数秒の世界の話です。

しかしこの感覚を得ることができたのであれば、バッティングの質は大きく変わるのではないでしょうか。

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 01:30| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。