6番打者

2011年10月23日

6番打者

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

相手ピッチャーは、クリーンナップを過ぎて一息つきたいところで打席が回ってくるのが6番打者

6番打者がよく会う場面として考えられるのが次の2通りではないでしょうか。

 A.塁上にクリーンナップがいる得点のチャンスの場面

 B.ランナー(走者)がいなくてチャンスメイクが求められる場面

6番打者は、「クリーンナップに含まれる」「下位の1番打者」という2面性をもつということわーい(嬉しい顔)

そこで、求められる能力は…

 ●シュアなバッティング能力

 ●ある程度の走力

日本のプロ野球の各チームを見てみると、6番打者に求められるタイプが分かり易くなるかもしれません。

参考までに、2011年10月15日の12球団のスタメン6番打者を選手名だけ挙げてみます。

和田一浩選手・谷佳知選手・マートン選手・丸佳浩選手・バレンティン選手・渡辺直人選手・福田秀平選手・今江敏晃選手・中田翔選手・李承Y選手・浅村栄斗選手・牧田明久選手

「クリーンナップに含まれる」という色が強いのは、和田選手・マートン選手・バレンティン選手・中田選手・李選手で、それ以外の7選手は「下位打線の1番打者」という色が強いのではないでしょうか。

先程、シュアなバッティングと書きましたが、それにプラスアルファとして長打力があればなおよろしいという感じになりますかね…たらーっ(汗)

チームの指揮官の考え方や、チーム事情(各選手の打撃能力とその割合)によって、各チーム6番打者に求める役割が変わってくるのかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

ここまで書いてきて申し訳ありませんが、一括りに6番打者を語るのは難しそうですふらふら

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 03:01| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。