5番打者

2011年10月22日

5番打者

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

クリーンナップの最後である5番打者

一般的に、6番打者からが下位打線になるので、5番打者は上位打線においても最後と言えます。

5番打者はクリーンナップの一角ですから、当然ながらチーム内でも上位の打撃能力がある選手が担います。

そして、チームの打線のつくりを考えると、1・2番が出塁してクリーンナップで還すというのが根本にあると考えると、5番打者というポジションは、こんなシチュエーションが考えられます。

 ●3・4番が還せなかったランナー(走者)が塁上に残っている

 ●チャンスを広げた、あるいは打点を挙げた3・4番が塁上に残っている

いずれにしても、得点圏にランナーがいるシチュエーション手(チョキ)

場合によっては、4番が勝負を避けられた(敬遠で歩かされた)後の場面も考えられますね眼鏡

ということで、考え方によっては4番よりも得点圏にランナーがいるシチュエーションが多いかもしれないということexclamation

…で、求められる能力は、勝負強さ…数値でもとめられるのは打点ですexclamation×2

次の6番打者からは下位打線に入るわけですから、チームとしては5番打者で得点を取っておきたいという場面も多いでしょう野球

ただ、筆者が5番打者について思い出すのは、2011年はアメリカメジャーリーグのオークランド・アスレチックスに所属した松井秀喜選手が高校3年生の時に、夏の甲子園大会で5連続敬遠されて敗退した試合における5番打者のことです。

こういう重圧がかかることも5番打者にはあるということ決定

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:12| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。