トップバッター

2011年10月18日

トップバッター

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

トップバッターは、云わずと知れた打順が1番のバッター。

「〜を始める」「〜の口火を切る」という意味から、”リードオフマン(lead―off―man)”とも呼ばれたりします野球

ここから書くことは一般論といえますが、まずトップバッターに求められる素養は…

 ●選球眼目

 ●走力足

 ●ミートがうまいるんるん

こんなところでしょうか。

書いてみると全てのバッターに求められることではありますが、特に走力によってトップバッターを任される選手は多いのではないでしょうか。

そこで、トップバッターが求められる役割は、当然『出塁する』がありますが、その他に次のようなことがあります。

 ★出来るだけ球数を投げさせる

 ★出塁できた際は、その走力を生かしてピッチャーを撹乱する

特にトップバッターは、相手ピッチャーに相対する一人目のバッターなので、その際は相手ピッチャーの持ち球や球速など多くの情報を引き出すような働きを求められます。

これは、相手ピッチャーの調子をうかがうことにもつながりますから、もともと情報があったとしてもチームとして求められることでしょう。

二つ目は、いわゆる足でプレッシャーをかけるということ。

相手ピッチャーに『盗塁』を意識させ続けることで、ピッチャーの集中力を散漫にさせますわーい(嬉しい顔)

トップバッターが、その役割をこなすとチームは波に乗っていくことができるはずでするんるん

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:18| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。