打席での間合い

2011年10月17日

打席での間合い

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

ピッチャー対バッターを考えた場合、ピッチャーが投球する1球1球の間合いには様々な意味があります野球

打席で構えて待っている際に、なかなかピッチャーが投げてこなくて、イラッとする時がありませんか?

そういう時は、打席を外して間合いをとることも自分のバッティングをするための手法の1つでしょう決定

プロ野球中継などを見てても、よく「バッターが間合いを嫌う」シーンや、「一旦打席を外して間合いをとる」シーンなどを目にしますよね目

あくまでも、受動態にならざるを得ないバッターではありますが、少しでも自分のペースに持っていくために、あるいはピッチャーのリズムを崩すために間合いをとるのですexclamation

決して小細工ではありません(場合によっては小細工にも成り得ますが…あせあせ(飛び散る汗))。

ピッチャーがバッターと対峙した際にそうするように、バッターも打席に入ったら、ピッチャーを自分のリズムに乗せんばかりのことをしていかなくてはなりませんね。

単純に、「さあこいっ!」→「投げました!」→「打ちました!」では、淡白そのものですし、主導権をピッチャーに取られ、打たされてしまっているイメージになっちゃいますがく〜(落胆した顔)

自分のリズムで打席に入り、足場を固め、自分の間合いでピッチャーの投球を待つことexclamation×2

ある程度の決まったルーチンがあれば、いつも同じリズムで打席に入ることもできるはず。

アメリカ・メジャーリーグのシアトル・マリナーズに在籍するイチロー選手が右手一本でバットをピッチャーに最も近い位置で立てて持ち、左手でユニフォームの袖をツイッツイッっと持ち上げてから構えるルーチンは、物凄くカッコ良かったりしますし、あれこそがイチローの打席のリズムといえるのではないでしょうか。

皆さんも、打席への入り方から構えるまでを、しっかりと自分の間合いでできるようになっておきましょうるんるん

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 01:02| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。