バッターボックス

2011年10月10日

バッターボックス

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

ホームベースの両サイドにある2つの長方形の枠がバッターボックスです。

正式には、バッタースボックス(Battar’s Box)ですが、日本では広くバッターボックスと呼ばれています。

このバッターボックスのサイズは、182cm×121cmとされており、各バッターは、この枠内で打たなくてはなりません。

裏を返せば、このボックス内では、どこに立とうが、どう構えようが、どうバットを振ろうが構わないということわーい(嬉しい顔)

この枠から片足あるいは両足が完全にはみ出て打撃を実施した場合には、反則行為となりアウトになってしまいますのでご注意をexclamation

ただし線上はOKで、線を踏んでいる場合はバッターボックスをはみ出ていることにはなりませんるんるん

先程書きましたが、このバッターボックス内では、どこに立とうが、どう構えようが、どうバットを振ろうが結構exclamation×2

ですが、このバッターボックスのどこに立つのかは気にする必要があります目

案外、前の打順のバッターの足跡に足を入れ込んでいる人もいらっしゃるのではないですか?

バッターボックス内の立ち位置で、「ホームベースに対しての距離」と「ピッチャーに対しての距離」が変わるのですexclamation×2

この2つの距離の変化がバッティングに与える影響は偉大。

極端にいうと、バッターボックスの一番前(ホームベース寄り)に立った場合のインコースギリギリのボールが、バッターボックスの一番後ろに立つとアウトコースのボール球(の距離)になるわけですからねたらーっ(汗)

ただ、立ち位置についての詳しい話(それぞれの立ち位置における特徴など)は、次回以降に書くことにしますので悪しからずあせあせ(飛び散る汗)

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 00:16| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。