変化球の打ち方

2011年10月09日

変化球の打ち方

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

変化球といっても、近年、その種類は非常に増えています。

<真っ直ぐ系>

 カットボール・ツーシーム

<横変化系>

 カーブ・スライダー・シュート

<縦変化系>

 フォーク・シンカー・ナックル

もちろん、書き切れてない球種もありますあせあせ(飛び散る汗)

そして、それぞれのピッチャーでその変化の具合(球速・角度・曲がりの度合)が異なりますし、同じピッチャーが同じ球種を投げても、変化の具合は変わります。

すなわち、ピッチャーが投げるボールに全く同じボールはないということexclamation

基本的に受け身であるバッティングは、だからこそ難しく、だからこそ3割の成功率(打率のこと)でも評価されるということです。

とはいえ、それら変化球も好打していかないと打率は上がりませんし、チームにも貢献できませんもうやだ〜(悲しい顔)

では、どうやったら変化球を打てるのでしょうか?

申し訳ありませんが、「コレ」という答えはありません。

それぞれの球種に対して、それぞれのスイングがあるわけでもありません。

唯一のコツは、これしかありません↓

 【ボールをよく見ること】

ただ、そのコツを実践したうえで、更に変化球を打つ成功率をUPさせることはできます。

それについては、次回以降に<真っ直ぐ系><横変化系><縦変化系>にわけて考えていくことにしましょうるんるん

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:17| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。