クリーンナップ

2011年10月08日

クリーンナップ

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

野球において、「クリーンナップ」を打つということは、ある意味チーム内における自分自身のステータスになるでしょう。

「クリーンナップ」は、英語で”clean up”と書き、その意味は”掃除する・片づける”などがあります。

野球になぞらえて、”clean up”を訳すと、【ランナー(走者)を一掃する】というわけわーい(嬉しい顔)

一般的に野球での「クリーンナップ」は、打順が3番・4番・5番のバッターで、チームの中軸・主軸とも呼ばれます。

つまり、チームの監督からはクリーンナップ」を任されたということになり、チーム内でもその打撃力に高い評価を得ているということに合わせて、一定の責任も負わされているということexclamation

だからこそ、チーム内でのステータスともいえるということ。

チームとしての攻撃力を評価する場合も、そのチームの「クリーンナップ」が評価の対象となることも少なくありません。

「クリーンナップ」が強力であれば強力であるほど、チームの攻撃力は高く、相手ピッチャー・守備陣にもプレッシャーをかけることができるでしょうるんるん

先程、”一般的に”と書いたことが気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

これには理由があり、チームの打線を組む場合に「クリーンナップ」は若干流動的であるということがその理由です。

3・4・5番ではなくて、3・4・5・6番であったり、4・5・6番であったりすることがあるというわけです。

そうなると「クリーンナップ」は、チームの監督の意識によるものでもありますし、結果・成績による後からの位置づけともいえるかもしれませんね。

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 01:44| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。