選球眼

2011年10月04日

選球眼

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

選球眼(センキュウガン)…「球を選ぶ眼」…すなわち「ピッチャーが投げたボールが、ストライクなのかボールなのかを見極める力」のこと目

好打者である条件の一つに選球眼が良いことは挙げられるでしょう。

では、選球眼が良いことによるメリットは何でしょうか?

 ●フォアボール(四球)が増える

 ●フォアボールが増えると出塁率も増える

 ●バッター有利なボールカウントになる可能性が高くなる

 ●自分の好きなコース/球種が打てる

とりあえず、4項目挙げてみましたが、上の3つについては、ある意味共通事項でもありまするんるん

選球眼が良いと、きわどいコースの見極めができますから、選球眼が良くないバッターよりもフォアボールになる頻度は高くなります。

また、厳しいコースのボール球を見逃すことにより、相手ピッチャーは少なからず前のボールよりも甘めに投げなくてはなりませんし、ボールカウントが先行した場合は、ストライクを取りに行かねばならず、この場合も甘めに投げてくる確率がアップグッド(上向き矢印)

それらの、甘めに来たボールを確りと捉えていくことで、ヒットを打つ確率もアップグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

選球眼が良いと、いいことづくめですexclamation

そして、4つ目。

この項目は、選球眼を単なるストライク/ボールの見極める力としてだけではなく、【自分がヒットできる確率が高いボールか否か】を見極める力として評価します。

いわゆる”好球必打”ができる力というわけです。

自分が得意とするボールを打つわけですから、これもまたヒットを打つ確率がアップしますね。

これだけのメリットがあれば、すぐにでも選球眼を鍛えたいところですが、これを鍛える術はありません…ふらふら

対戦ピッチャーは十人十色であり、ピッチャーが100回投げれば100通りのボールになるわけですし、それに加えて、球審によってもストライクゾーンが若干変わってきますからね…がく〜(落胆した顔)

より多くの経験を積むことしかないでしょう…。

裏を返せば、先天的なものでもないということ。

ボール球を打ってヒットになる確率は低いです。

ストライクだけを打つ力…選球眼をよりよくしたいものです目

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:25| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。