バッティングゲージ

2011年09月29日

バッティングゲージ

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

バッティングにおいて、ボールを良く見ることはとても重要であることは言うまでもありません目

見れば見るほどバットをボールにぶつけることができる可能性が高まるわけですから当然ですね。

ボールを良く見るためには、よりボールを引きつけて打ちにいくことです。

これは、日本のプロ野球でも実行している選手がいるやり方。

簡単に言うと、ファールを打つ練習exclamation

ただファールを打てばよいというものではありませんよ。

自分が立っている打席と反対側(右バッターは一塁線・左バッターは三塁線)にファールを打つことが重要exclamation

そんなファールを打つには、可能な限りボールを引きつけること…つまりは、より長くボールを見ることです。

出来るだけボールを長く見てバットを振ることが、このファールを打つという練習のやり方の目的。

プロ野球選手がこの練習のやり方をやると、バッターボックスを囲うバッティングゲージからボールが出てこないらしいです。

ようやくタイトルとリンクしました〜手(チョキ)

少しでも長くボールを見たいということは、より正確にボールを捉えたいということとイコールでするんるん

この意識をしっかりもつことで、タイミングを外された場合でもカットすることも可能になります。

バッティング練習というと、やっぱりカーンカーンとかっ飛ばしたいものですし、もちろんそれも必要ですが、ここで紹介したことも立派な練習だと思いまするんるん

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 02:37| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。