センター返し

2011年09月22日

センター返し

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

「センター返し」はバッティングのベーシックな考え方であり、タイミング良く打ち返すと「センター返し」になります。

「センター返し」を噛み砕いて言うと、『来た方向へボールを弾き返す』ということ手(チョキ)

ピッチャーが投じたボールに多少角度があるとはいえ、『来た方向へボールを弾き返す』と「センター返し」になるわけです。

ちょっと話を変えますが、守備練習で行うノックを思い浮かべてください野球

そして、自分自身がノッカー(打つ役)とします。

どうやって打ちますか?

分かりづらいですね…

サードゴロからショートゴロと打っていく時に、どうやって打ちますか?

想像してくださいわーい(嬉しい顔)

必ず打つ方向に(サードならサードに、ショートならショートに)、前方の肩(右打ちなら左肩、左打ちなら右肩)を向けて打ちますねexclamation

話が繋がりましたか?

ノッカーという能動的に打つ場合がそのように、【打つ方向に前方の肩が向いている】打ち方が最も自然であり、理にかなった打ち方といえるわけです。

バッターは構えると、ピッチャーに前方の肩が向いてますね。

そこから、最も自然に打ち返すと「センター返し」になり、最も理にかなった打ち返し方ができると「センター返し」になるのですexclamation×2

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 野球王まこと at 07:21| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。