バッティング 筋肉

2011年09月04日

バッティング 筋肉

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

バッティングは、全身を使います。

ですので、バッティングに必要な筋肉は”全て”に近い。

タイトルでは、ちょっと専門的風にしておきながら申し訳ありませんが、ちょっとざっくりとした感じで書いていきます決定

日本のプロ野球において、ホームランダービーに多く顔を出すのは、外国人選手。

複数年にわたって、ホームランを量産しているのは、現在読売ジャイアンツに所属しているラミレス選手や、現在福岡ソフトバンクホークスに所属しているカブレラ選手などでしょうか。

そんな外国人ホームランバッターをみてみると、やはりすごい体格あせあせ(飛び散る汗)

腕の太さなど、上半身に目が行ってしまいますよね目

しかしながら、バッティングで重要なのはやはり下半身ですexclamation

もちろん、上半身を鍛えることによって、レフトオーバーの二塁打がオーバーフェンスのホームランになることはあるでしょう。

けれども、しっかりとした下半身があってこその強い打球であることを認識しておかなくてはいけません。

バッティングにおいてバットを持って振るのは腕であり、上半身ですが、それをリードしているのが下半身です。

野球において、ウェイトトレーニングも必要ではあります。

バッティングにおいて、どの筋肉を鍛えるのかは、超スローでスイングすることで、どこの筋肉を使っているかを確かめてみてから、トレーニングプログラムを組むのもよいでしょう。

上半身、あるいは下半身に偏ったやり方は禁物ふらふら

バランスを意識してくださいね。

下半身において、腰から下の筋力が大事なのはもちろんですが、さらに重要なのは”使い方”になります。

その”使い方”については、ほかの記事をご参照くださいるんるん

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)






posted by 野球王まこと at 00:46| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。