バッティング フォロースルー

2011年08月28日

バッティング フォロースルー

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

バッティングにおけるフォロースルーは、インパクトつまりバットでボールを捉え、はじき返した直後から始まります次項有

「ボールを捉えた後だから、特別に気にすることはない」という考えは大間違いexclamation

フォロースルーにこそ、自分がどんなスイングをしたのかが現れます目

最後まで振り切ったスイング、タイミングを崩され当てるだけになってしまったスイング、詰まらされたスイング、泳がされたスイングなどなど、フォロースルーはそれぞれ違ってくるでしょう。

さて、「フォロースルーを大きくとれ!」と指導されたことや、このフレーズを耳にされたことのある方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

フォロースルーを大きくとるとは、「インパクト以降はバットを大きく振れ」ということ。

脇をしめて、肘が軽く曲がった状態でインパクトした瞬間から肘をピッチャーの方へ伸ばしていく感じ。

そうすることでインパクト直後からヘッドが遠回りしていきますが、このことで打球はより力強くはじき返され、また、より遠くへ飛んでいきます。

このことから、フォロースルーは大きければ大きいほどよいと言えるのです。

バッティングフォームが千差万別であるように、当然ながらフォロースルーも千差万別るんるん

日本のプロ野球においても、バットを放り投げるようなフォロースルーをする選手もいらっしゃいますし、最後まで両手でバットを持った状態で振り切る選手もいます。

その他にも、片手だけでバットを握った状態でフォロースルーする選手もいます。

基本的に「フォロースルーは大きく!」ですが、自分自身のバッティングの傾向などを明確にしてフォロースルーのあり方を考えましょうID

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)






posted by 野球王まこと at 00:47| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。