タオル 素振り

2011年08月27日

タオル 素振り

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

インサイドアウトのスイングを身につけるための練習法を紹介します目

@脇にタオルを挟んで素振り

 インサイドアウトのスイングができていれば必然的に脇は締まります。

 逆に言うと、脇が締まればインサイドアウトのスイングになるということ。

 この時、キャッチャー側の方が下がりすぎないようにしましょう決定

 レベルスイングを意識することです。

A壁の前に立ち素振り

 壁にバットのヘッドが当たらないように素振りをすることです。

 そうするためには、バットのヘッドを送らせて振るしかありませんからね。

 ここでもレベルスイングを意識することは重要ですよグッド(上向き矢印)

B後ろからトスしてもらったボールを真っ直ぐに打つ

 これは2人以上の人が必要。

 後ろから来たボールを”真っ直ぐ”に打つにはボールをよく見ることとともに、インサイドアウトのスイングが必要になります。

Cヘッドを遅らせてスイングしながらも、引っ張る方向へファールを打つ

 これはインサイドアウトのスイングを更に強化する練習方法。

 インサイドアウトのスイングで引っ張る方向(右バッターは三塁方向・左バッターは一塁方向)にファールを打つということは、グリップを握る上の手(右バッターの右手・左バッターの左手)をこねるように使う必要性が出てきます手(パー)

 これによりインサイドアウトのスイングで、よりヘッドが効いたスイングが身に着くはずです。

4通りの練習方法を記述しましたが、スイングでヘッドが下がっていてはいけません。

全てレベルスイングを意識することが、とてもとても重要なのですexclamation×2

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)






posted by 野球王まこと at 00:45| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。