バットスイング

2011年08月25日

バットスイング

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)

「最短距離でバットを出せ!」

このフレーズを耳にしたり、目にしたりしたことがある人は少なくないでしょう。

バットを最短距離で出すとは?

どういうことなのでしょうか…次項有

基本的には、下記のようなことのようです。

”最短距離”=”無駄なくバットを振る”

つまり、トップの位置から直線的にグリップを出して(ヘッドを残して)振り出していくということ。

もちろん、下半身を使ってのスイングが前提で。

では、なぜ「最短距離でバットを出せ!」なのでしょうか?

これは特にインコースのボールを巧く打つための要素。

インコースのボールに対しては、ピッチャー寄りのミートポイントの方がバットの芯で捉えることができます。

そのため、鋭い振り・速い腰の回転などが必要になり、多少タイミングを外されてもバットの芯で捉えるためには「最短距離でバットを出せ!」ということになるるんるん

以前、”インサイドアウト”に触れましたが、”インサイドアウト”で「最短距離でバットを出せ!」を実践することで、インコースの速いボールにも対応できます決定

ここでいう対応は、【当てることができる】ではなく、【強くたたくことができる】ですよわーい(嬉しい顔)

もう一度結論を言うと、「最短距離でバットを出せ!」は、次の通り↓

【グリップを直線的に出して振り出していく&インサイドアウトでヘッドは残しておく】exclamation×2

打率2割の私が、ホームランバッターになれた方法はこちらぴかぴか(新しい)






posted by 野球王まこと at 00:43| Comment(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。